公開日: |更新日:

エクステリア施工の費用相場

家を建てたりリフォームしたりするなら、家の周りの庭や外壁といったエクステリアについても考えねばなりません。
そこで今回は、エクステリア施工にかかる費用を、施工箇所や外構の種類別に紹介していきます。エクステリアにかかる費用について知りたい方はご一読ください。

エクステリア施工にかかるおおよその目安は

新築の住宅を建てる場合、エクステリア全体には総額100万円〜300万円ほど使う方が多いです。建設費用全体の10%程度をエクステリアに使用すると、最もバランスが良いと言われています。なお、特定の箇所のみ施工する場合は50万円〜100万円程度が相場ですが、これはどの部分を施工するのかによって変わってきます。
ここからは、エクステリアの施工箇所別におおよその費用を紹介していきます。

施行箇所別の費用をチェック

門周り

門扉や門戸、表札、門柱、門袖、ポストなどをまとめて門周りと呼びます。門周りの費用相場は、およそ15〜30万円です。自宅の顔となる部分なので、特にこだわって工事することが多い箇所です。

玄関アプローチ

玄関アプローチは、門から玄関扉までを繋ぐ道のことです。敷居、レンガ、枕木、タイル、コンクリート、砂利など、演出したいイメージに合わせてさまざまな素材を使います。アプローチの幅は1.2メートル程度あると余裕を持って通りやすいです。アプローチの長さ・面積によって変わってきますが、工事費は10万円〜15万円が目安です。

塀囲い

塀囲いは、家の周りをぐるっと囲う目隠しのこと。そこに住んでいる人のプライバシーを保護する役割もありますし、防犯の役割もあります。コンクリートブロックやレンガを積み上げて作る方法や、型枠にコンクリートを流し込む方法があります。塀囲いは住宅の規模によって全長が異なり、それによって費用も大きく変わってきますが、だいたい50万円〜100万円程度を目安として考えておくとよいでしょう。

フェンス

フェンスも堀囲いと同じく、目隠しや防犯対策として家の周りをぐるりと囲むものです。堀囲いと異なる点は、コンクリートではなくアルミや樹脂、木材などで作られており、隙間が空いているタイプのものが多いことです。費用は、堀囲いよりは安いですが、40万円〜60万円程度かかるようです。

ガレージ・カーポート・駐車場

車を停めるスペースのうち、駐車場に柱と屋根を付けたスペースをカーポート、屋根に加えて3方向以上を壁で覆ったスペースをガレージと呼びます。愛車を雨風や盗難から守るのに最も適しているのはガレージですが、その分かかる費用も高めです。車が2台分停められるガレージ・カーポート・駐車場の施工相場は約50万円〜100万円ですが、ガレージの場合1台分でも100万円を超えてしまうことがあるようです。

庭は面積や施工の規模によって費用が大きく変わってきます。芝生を敷くといった簡単な工事の場合は、1平米あたり1万円弱で施工できます。庭石やデッキの設置、樹木を植えるといった場合は50万円〜100万円、庭全体を全て作り変えたいという場合はそれ以上、費用がかかると考えておきましょう。

テラス

テラスは、建物の外で1階のリビングから地続きになっている、地面よりも少し高いスペースのことを指します。床に使われる素材がタイルの場合の施工費用は安く、ウッドデッキだとそれよりも高くなります。屋根はあってもなくても構わないのですが、付けた場合は10万円〜30万円ほど追加費用がかかります。床と屋根を合わせて50万円〜が相場価格となります。

ガーデンルーム・サンルーム

ガーデンルーム・サンルームは、テラスの屋根と側面をガラス窓で覆った空間のこと。屋内でありながら日の光を多く取り入れることができ、家庭菜園や洗濯物干し、家族団らんなど、さまざまな用途に使うことができます。一般的な部屋を増やすよりも費用は安いことが多く、およそ50万円〜が目安です。

ベランダ・バルコニー

ベランダ・バルコニーとは、2階以上で建物から張り出したスペースのこと。広さやグレードによって費用は変わりますが、新規でベランダ・バルコニーを取り付ける場合、40万円以上はかかることが多いとみておきましょう。追加で屋根を取り付けたい場合は、さらに10万円〜20万円程度追加されます。

照明・ライト

玄関前や門から玄関までのアプローチ、庭やテラスに取り付ける照明やライト。おしゃれな雰囲気を演出し、家の外観を引き立たせることができます。また、人が近づいたらセンサーが反応して光るライトを取り付け、防犯対策にすることも多いです。一般的なエクステリアの場合、費用は20万円程度が目安です。

植栽

植栽とは、庭や玄関アプローチ周りに植えられた樹木のことをいいます。空間を美しく演出することができるほか、堀囲いやフェンスのように、外からの目隠しとしてプライバシー保護のために植えられることも。植える数によって異なりますが、一般的な植栽は5万円から10万円かかるとみておきましょう。

物置

屋外に設置する物置は、安いものなら3万円程度で購入することができます。幅が2メートルほどになると、約10万円〜15万円ほどかかることが多いようです。防犯性能が高いしっかりした物置を取り付けたい場合は、50万円〜100万円ほどみておきましょう。

外構の種類によっても費用が変わる

外構は、「オープン外構」「クローズ外構」「セミクローズ外構」の3タイプがあり、種類によって費用が変わってきます。

オープン外構

オープン外構は、塀囲いやフェンスなどをあまり設置しないタイプの外構です。その名の通りオープンな空間となるため明るく開放的な雰囲気を味わうことができますが、目隠しが少ないのでプライバシーの保護に気をつける必要があります。構造物が少ない分、ほかのタイプと比べると施工費用は安め。約100万円〜150万円が目安です。塀やフェンスを少しでも設置するか、全くしないかで費用が変わってきます。

クローズ外構

クローズ外構は、高い塀囲いやフェンスを設置するタイプの外構です。敷地と外部をはっきり区切ることができるため、防犯対策やプライバシー保護対策に効果的です。ただ、建物と塀の間の間隔が狭い場合、閉鎖的で圧迫感を感じてしまうことが難点です。丈の長い塀やフェンスを設置するため、費用は他タイプと比べて高くなってしまいがち。およそ200万円〜300万円はみておく必要があるでしょう。

セミクローズ外構

セミクローズ外構は、場所によってオープン外構とクローズ外構を使い分けるタイプです。例えば、玄関周りはオープン外構にして開放感を演出、浴室やリビング周りはプライバシーを守るためにクローズ外構にする、といったものです。費用はオープン外構とクローズ外構の中間程度、150万円〜250万円と見積もっておくとよいでしょう。

こだわりの家をワンランク上に魅せる岡崎のおすすめ
エクステリア業者3選
エスティナ岡崎
エスティナ岡崎_施工事例
引用元:エスティナ岡崎(https://okazaki.estina-shop.net/gallery/natural/01.html)

実績数

3,000件程度
(2020年9月時点)

これまで手がけた
デザインテイスト

  • ナチュラル
  • ナチュラル
    モダン
  • シンプル
    モダン
  • フレンチ
    モダン
  • アジアン
    モダン
  • プロヴァンス
  • 和モダン
  • リゾート
  • スタイ
    リッシュ
  • ロマン
    ティック
  • エレガント
  • ヴィンテージ
庭屋ナラティブ
庭屋ナラティブ_施工事例
引用元:庭屋ナラティブ(https://www.niwanarra.jp/voice/voice052/)

実績数

2,000件程度
(2019年4月時点、HP掲載の最新実績数)

これまで手がけた
デザインテイスト

  • ナチュラル
  • リゾート
  • アンティーク
  • 和モダン
SAIZ
SAIZ_施工事例
引用元:SAIZ(http://gs-saiz.com/works/293/)

実績数

1,500~2,000件程度
(2020年9月時点)

これまで手がけた
デザインテイスト

  • ナチュラル
    モダン
  • シンプル
  • ヨーロピアン
  • 和モダン
  • リゾート
  • スタイリッシュ
  • エレガント
  • レトロ
    ナチュラル
  • シック

※「岡崎 エクステリア」のGoogle検索結果上位の17社の中で、創業からの施工実績数を公表していて、その実績数と公式HPで掲載されている手がけてきたデザインテイストが多かった3社を選定(編集部調べ、調査時期:2020年8月20日~9月8日)。
さらに、セレクトした3社には、創業から直近の総数を電話で再調査を試みました。
最新情報を得られたエスティナ岡崎とSAIZに関しては、再調査日時点での最新情報を掲載しております。(再調査日:2020年9月30日)
※手がけたデザインテイスト以外のスタイルに対応できるかどうかは、各社に直接お問合せください。

関連ページ

自慢の家をワンランクUP! 岡崎のエクステリア・外構専門会社ガイド

エクステリアの基礎知識【岡崎版】
エクステリア業者の選び方
エクステリア業者へのデザインイメージの伝え方 
エクステリアの平均耐用年数
エクステリアを依頼するタイミング
エクステリア施工のあるあるトラブル事例
施工実績が豊富な岡崎のエクステリア会社3選
施工実績が豊富な岡崎のエクステリア会社3選